在宅医療の実際(在宅医療への流れ)

  • ご相談
    病気・障害により通院困難で、患者さん・ご家族が在宅医療を希望された場合、入院又は外来受診している病院の地域医療連携室へご相談下さい。かかりつけ医からの診療情報提供書が必要となります。
  • カンファレンス
    退院前カンファレンスを病院で開いて退院後の療養生活について話し合います。必要に応じて、複数回カンファレンスを開き、万全のケア態勢を整えます。(すでに在宅の患者さんの場合は直接お伺いいたします。)
  • 初回訪問
    原則として退院日に初回往診をします。(すでに在宅の患者さんの場合はカンファレンスで予め決めた日にお伺いします。)
  • 定期訪問
    以後、ケアマネージャーや訪問看護ステーション、ヘルパー事業所などと密接に連携しながら在宅医療を継続し、患者さん・ご家族の生活を支えていきます。

往診エリア

大阪府吹田・豊中・箕面市の方は気軽にご相談ください。

吹田市・豊中市・箕面市における、
おおさか往診クリニックより半径4km以内の地域。
それ以外の地域は、相談に応じます。

このページトップへ

書籍購入申込「風になった医師-在宅で死ぬということ」
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
TSUTAYAで購入する

書籍購入申込「MITORI」

お問い合わせ

  • 医療法人学縁会
    おおさか往診クリニック
  • 理事長 田村 学
  • 〒565-0862
    大阪府吹田市津雲台2-11-2
  • TEL:06-6152-9566
  • info@osaka-oushin.co.jp